Google Chrome 69でサブドメインの表示を戻す方法

クロームを開くと妙な違和感を感じました。

Google Chrome 69のタブ

あれ?デザインが以前と違う?

あまり気にしていなかったんですけど、アップデートによりデザインが変わった模様。タブの部分に縦棒が入っています。

デザインが変わっただけかと思っていましたが、ある時グーグルのホームページにアクセスしてみたところ・・・

Google Chrome 69のアドレスバー

えっ!?以前のバージョンだと「https://www.google.com」と表示されていたはずです。

しかし、Google Chrome 69では「https://www.」の部分が端折られていました。

これは一体どういう意図でこういった仕様にしたのか色々調べてみると、アドレスバーに些細なサブドメインを表示させないようにしているようです。

些細なサブドメインというのが最初よく理解できなかったんですが、“www”やモバイルサイトを表す“m”などが該当するらしいですね。

ですから、フェイスブックのモバイルサイトにアクセスした場合は「facebook.com」と表示されます。

この仕様を何も知らないユーザーが該当のサイトにアクセスすると、些細なサブドメインが省略されてしまい、リダイレクトされたのではないかと誤解してしまうでしょうね。

セキュリティに敏感な方だとウィルスにかかったのではないかと心配になることもあるかもしれません。

僕自身も、この仕様があまり好きになれなかったので元に戻すことにしました。

Google Chrome 69で些細なサブドメインを表示する

というわけで、以前の仕様に戻したいと思います。

アドレスバーに「chrome://flags#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains」と入力してアクセスします。

Google Chrome 69で些細なドメインを表示させる方法

「Omnibox UI Hide Steady-State URL Scheme and Trivial Subdomains」の項目を「Default」から「Disabled」に変更すればOKです。

Google Chrome 69でも一応元のURLを表示させることは可能

このバージョンでも一応、前のURLを確認できる方法もあります。

アドレスバーにカーソルをもっていき、URLをフォーカスします。(青色の状態)

この状態でクリックすると、以前のURLを表示させることが出来ます。

「google.co.jp」なら「https://www.google.co.jp」といった感じにですね。

この程度の操作が面倒くさいか面倒くさくないかは、十人十色だと思いますが、あまり気にならないのであればこの方法を使うのもありですね。

Google Chrome 69で何故こういった仕様に?

Googleは「URL」をなくすべきだと考えているようですので、今回第一歩としてURLを短縮するようになったのではないかと推測されているようですね。

ネットの住所にあたるURLですから、とても重要な役割を担っています。URLをなくしてどういった代替方法が出てくるのかが気になりますね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク