ブラウザ版Twitterで出来る事(アプリ版との違い)

Twitterを利用している殆どの方は、アプリ版のTwitterをインストールして使っている事が多いと思います。

僕もTwitterアプリをインストールして利用することがありますが、パソコンの前に座っている時間帯は意外とパソコンのブラウザ版Twitterを利用することが多いです。

知っている人もたくさんいると思いますが、Twitterはアプリ版以外からでも利用することが可能です。

  • アプリをインストールして使う
  • パソコンのブラウザを利用して使う
  • スマホからブラウザを利用して使う

などなど、Twitterの使い方ってワンパターンではないんですね。

今回は、ブラウザ版で出来る事について紹介していきます。

ブラウザ版で出来る事(アプリ版との違い)

それでは、ブラウザ版とアプリ版でどのような違いがあるのでしょうか。

ツイートやフォローなど、Twitterの基本的な操作しか行わない方はあまり意識したことが無いかもしれませんが、セキュリティの観点で重要な違いがあったりします。

PC版では全ツイートの履歴を取得できる

PC版Twitterで全ツイートを取得する

アプリ版のtwitterでは、古いつぶやきが見れなくなるのに対してPC版では画像にあるように全てのログを取得することが可能です。(自分のつぶやきのみ)

全ツイート履歴をリクエストしたい場合は、「設定とプライバシー」の下の方にありますので是非活用してください。

云十万もツイートしている人って凄いですよね・・・。それだけの数をつぶやくことが出来る人ってある意味尊敬しちゃいます。

メール通知の違い

アプリ版では、プッシュ通知(モバイル通知)が基本ですがPC版ではメールでの通知が可能です。

メール通知のON・OFFでPC版ではメールの整理整頓が楽になると思います。

ちなみに、PC版でもプッシュ通知の代用として「Web通知」という機能があり、PC版でもすぐに通知が欲しい場合はこちらの設定がオススメです。

PC版からアプリ連携を解除する

PC版Twitterのアプリと端末の画像

画像内にも書かれているように「アプリと端末」から悪質なアプリと思われる場合にアクセス許可を取り消すことができます。

下の方には、連携されているアプリの一覧と最近Twitterにアクセスした端末が表示されていると思います。

SNSの乗っ取り被害に遭うことも無きにしも非ずです。怪しいと思った場合はこの画面をチェックしてアクセス許可を取り消すようにしましょう。

おわりに

僕は、アプリ版とブラウザ版を分けて使っていますが、意外と気まぐれの要素も大きいかもしれません。

パソコンの前に座っている時に、たまたま近くにスマホが無い場合だとか、とりあえず外出しているからアプリ版を利用しているとか。

どちらもメリット、デメリットがありますが、最終的には使い慣れた方を使うことになるかと思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク