[Unity]JDKとAndroid Studioをインストールする方法

Unityの環境を整えてさっそくゲームを作ろう!!と張り切っていきたいところなんですが、もう少し下準備しなければなりませんのでまずはそちらをこなしていきましょう!

まだUnityをインストールしていない方はこちらを参照してください。

今ではスマホでアプリを使う事は当たり前の事になりました。 その中でもちょっとした暇潰しとして楽しむことができるゲームアプリがあ...

Androidでアプリ動かすための準備

UnityのゲームをAndroid上で動かすためには、JDKとAndroid Studioという統合開発環境が必要になります。

ちなみに、JDKはJava開発者向けのツールでJavaプログラミング開発に必要なパッケージになります。

JDKをインストールする

まずはJDKのインストールから始めましょう。

JDKはOracleのサイトからダウンロードできます。下にリンクを貼っておきます。

ORACLEのサイトからJDKをダウンロードする方法

赤枠のJDKをクリックします。

ORACLEのサイトからJDKをダウンロードする方法2

「Accept License Agreement」をクリックして、自分の使っているプラットフォームを選んでダウンロードしましょう。

僕の場合Windowsで64bitなので一番下を選択しました。

JDKのインストーラーを起動する

ダウンロードが完了したらインストーラーを起動します。

「次へ」をクリックします。

JDKのインストール先を指定する

インストール先を選べるので必要に応じて変更し「次へ」をクリックします。

JDKのインストール準備が完了

インストールの準備が完了するとこのように表示されるので「次へ」をクリック。

JDKのインストールが完了

インストールに少し時間がかかりますが、このように正常にインストールされたら閉じるでOK。

Android Studioをインストールする

続いて、Android Studioをインストールしましょう。

Android Studioをダウンロードする方法

「DOWNLOAD ANDROID STUDIO」をクリックします。

利用規約を確認しAndroidStudioをダウンロードする

利用規約を確認し、「ANDROID STUDIO FOR WINDOWS ダウンロード」をクリック。

ダウンロードが始まるので完了次第インストーラーを起動しましょう。

AndroidStudioのインストーラーを起動する

Android Studioをインストールします。「Next」クリック。

AndroidStudioのセットアップ

デフォルトのまま「Next」をクリックします。

AndroidStudioの保存先を選択する

保存先を指定したら「Next」をクリック。

AndroidStudioをインストールする

Android Studioのショートカットを作成したい場合「Do not create shortcuts」にチェックは入れず、「Install」をクリックします。

AndroidStudioのインストールが完了

インストールが完了したら「Next」をクリック。

初めてAndroidStudioを起動する

「Finish」をクリックします。

AndroidStudioの初期設定

初めてAndroid Stduioをインストールした方は「Do not import settings」選択して「OK」をクリックしましょう。

これは、以前Android Studioをインストールしていた場合の設定を使うかどうかの選択になります。

僕は過去にAndroid Studioをインストールしていたので、過去の設定を使う選択肢を含めた三択となっていますが初めての方は「Previous version」は表示されていないはずです。

AndroidStudioの初期設定2

セットアップが始まります。「Next」をクリック。

AndroidStudioの初期設定3

最初なので無難に「Standard」を選択しておきましょう。

AndroidStudioのインターフェースを選択する

インターフェースの選択画面です。

背景において白か黒か選べるみたいですね。

まあこれは、どちらが正解ということもなさそうなので、僕は見やすさを重視して明るめの白を選択しました。

好きなほうを選んでいただければと思います。

AndroidStudioの初期設定一覧

このまま「Finish」をクリックします。

AndroidStudioの初期設定が完了

「Finish」をクリックすることでAndroid Studioのインストールが完了しました。

iPhoneでアプリを動かすための準備

作ったアプリをiPhoneで動かすには、MacとXcodeが必要になります。

XcodeはMac、iPhone、iPad向けのアプリを開発するときに必要になる統合開発環境です。

Macをお持ちの方でXcodeをインストールする方法で参考になる記事を紹介しておきます。

Xcodeのインストール方法

まとめ

以上でUnityとスマホ用の開発環境の準備が整いました。

これでようやくUnityでのゲーム作成にステップアップすることが出来ます!

これまでは登録やインストールなど退屈な作業がたくさんありましたね。

せっかく整えた環境なので是非Unityを使いこなすようになって思い通りのゲーム開発が出来るようになればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク