「あなたのパスワードが侵害されました」というメールが届いた件について

先日迷惑メールが届く原因について記事にしましたが、ついでにメールの中身を確認していくと、通常の受信箱にも関わらずちょっとドキっとするメールが届いていました。

「あなたのパスワードが侵害されました」というタイトルの怪しいメール

上の画像にあるようにヤフーメールの受信箱の中に、「あなたのパスワードが侵害されました 〇〇〇@ybb.ne.jp pass=〇〇〇〇」というタイトルのメールが届いていました。

初心者にとって怖い所が、「pass=〇〇〇〇」という部分に、本当に使っているパスワードの一部や、過去に利用していたパスワードが記載されているところです。

当然中身を開いてもいませんが、迷惑メールにも入っていないところを見ると、信用してクリックしちゃった人もいるかもしれませんね。

まあはっきりいって詐欺メールなのは間違いないでしょうけど、一応どういったものか調べてみることに。

「あなたのパスワードが侵害されました」というメールの正体とは

つい最近になって送信されるようになった詐欺メールで、744ドル相当のビットコインの送金を請求する、悪質な脅迫詐欺メールのようです。

具体的には、メール経由でデバイスにトロイの木馬を侵入させて、閲覧しているウェブサイトの履歴を取得し、閲覧している様子をデバイスのカメラで撮影したという内容です。

私に連絡したり、私を見つけようとしないでください。それは不可能です。 私はあなたのアカウントからメールをあなたに送ったので、

あなたの電子メールを介して、私はあなたのオペレーションシステムに悪質なコードをアップロードしました。

私は友人、同僚、親戚とのあなたの連絡先のすべてを保存し、インターネットリソースへの訪問の完全な履歴を保存しました。

また、あなたのデバイスにトロイの木馬をインストールしました。

あなたは私の唯一の犠牲者ではない、私は通常、デバイスをブロックし、身代金を求める。

しかし、私は頻繁に訪れる親密なコンテンツのサイトにショックを受けました。

メールの本文を少し抜き出していますが、いかにも日本語らしくない日本語で、違和感を感じるような文章です。

不安を煽るような文章が続きますが、絶対に従わないことですね。明らかにフィッシング系の詐欺メールですので。

パスワードは変更したほうがいいかもしれない

僕のように、ヤフーメールを利用している人なら分かると思いますが、パスワードが記載されてる場合があります。

このパスワードが過去に利用していたものや、今現在使っているパスワードの一部だった場合は、本当にパスワードが侵害されたと思い信用してしまいそうなところが厄介ですよね。

しかしこれ、半分正しくて自分が使っているパスワードが表示されるということは、何かしらのウェブサービスでアカウント情報が漏洩している可能性があります。

すぐに出来る対策としては、パスワードを変更することなので、出来るだけ複雑なパスワードに変更するようにしましょう。僕もさっそくパスワードを変更しました。

ウイルスの種類によっては、アクセスに関する記録を取得するものもあるので、ウィルス対策をもっと徹底しないといけませんね・・・。

まとめ

今回のメールは、フィッシングの詐欺メールなので、絶対にビットコインを支払う必要はないってことですね。

送信元が自分のメールアドレスになっていたり、パスワードが表示されていたりと、初見だとドキっとすることが多々ありますが、冷静になって削除するなりしてください。

むしろ、パスワードを変更する良い機会だと思うので、パスワードを変更して、スパイウェア対策など、セキュリティ面を見直す良いきっかけにもなるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク