【2018年】Unityをインストールする方法【初心者向け】

今ではスマホでアプリを使う事は当たり前の事になりました。

その中でもちょっとした暇潰しとして楽しむことができるゲームアプリがあります。

最近はとても便利になったもので、個人でもゲームを作ることが出来るようなりました。ゲームが好きで自分でもゲームを作ってみたい!!という方にUnityは必見です。

今回は専門知識を持たない人でも簡単にゲームの開発ができるゲームエンジン「Unity」について紹介していきます。

Unityとは

「Unity」はUnity Technologiesが2004年に開発したゲームエンジンです。

ゲームエンジンはゲームを作る上でよく使う機能を1つにまとめて使いやすくしたものです。Unityの他にもゲームエンジンがありますが、あまりにもUnityが優秀すぎるためここでは割愛しますね。

オブジェクトの配置など基本的なことはUnityのエディタで行えるようになっています。

また、パラメータを変更するだけで、簡単にゲーム内のオブジェクトの動きや見え方を変更することが可能です。

オブジェクトとは例としてキャラクターのことですね。ドラクエの主人公とか思い浮かべてもらえればと思います。

これまで、ゲームを作るとなると非常に高度な技術が要求されていました。プログラミングの習得はもちろん、ゲーム専用ライブラリの使い方や数学の知識など覚えることがものすごくたくさんあります。

しかし、Unityを使えばこのような複雑なプログラムなどを書く必要がなくなり、比較的簡単にゲームを作ることができるんです。

なにより、専門知識を持たない初心者が個人としてゲーム開発を行えるのが魅力の1つです。

マルチプラットフォームに対応している

Unityで作ったゲームはandroidだけではなく、パソコンだったりゲーム機だったり思い思いのプラットフォームにて実行することが出来るんです。

これもまたUnityの魅力の1つですね。

ゲームを作成する側としては非常にありがたいマルチプラットフォーム。

少し設定を変えるだけでスマホ用に作ったゲームをパソコンやゲーム機などで実行することが出来るようになります。

せっかく作るんですから、いろんな人たちにプレイしてもらいたいですからね~。

アプリがヒットしてたくさんダウンロードされるようだとお小遣いも稼げるかもしれませんよ!

ゲーム開発を行うために必要な知識

Unityを使う事で、簡単にゲームを作れることが分かりました。

しかし、Unityそのものの使い方が分からないとゲームを作成することができません。

Unityはとても優秀なゲームエンジンなのでなんとなくに作ってもそれなりのゲームができるかもしれません。

最初のうちはそれでも構わないのですが、これが大規模な内容になっていくと終盤のほうで問題が発生し最初の設計からやり直しという事が起きるかもしれません。

ですから、設計のいろはについて知る必要があります。

設計のパターンが理解できればプログラムの作り方が分かるようになりちゃんとしたゲームを作成することが出来ると思います。

今後、実際に簡単なゲームを作成したいと思いますので参考にしてもらえればと思います!

プログラミングの学習でもそうですが難しくて挫折してしまう人が結構いますがやはり最初が肝心だと思いますね。

Unityをインストールしよう

それではさっそくUnityをインストールすることから始めましょう。

まずはUnityの公式サイトにアクセスします。

Unityの公式サイト

Unityをインストールする方法

Personal、Plus、Pro版などとエディションが分かれていますが、今回は無料で使えるPersonalエディションをダウンロードしましょう。

いきなりお金を払って開発するのはなかなかの勇者だと思いますが、無料のPersonalでも十分活躍できます。

UnityのWindows用インストーラーをダウンロードする

規約内容を確認したらチェックボックスにチェックを入れます。

Windowsの方は赤枠の「Windows用のインストーラーをダウンロードする」をクリックしましょう。

Macの方は一番下の選択Mac OSを選んでください。

僕はWindowsユーザーなのでWindowsを例に解説していきます。

ちなみにMacでもインストール作業はWindowsとほとんど変わりませんので特別難しい作業はないかと思われます。

Unityのインストーラーを起動

ダウンロードが完了したらインストーラーを実行してください。

「Next」をクリックします。

Unityのインストール設定で利用規約を確認する

利用規約を確認しチェックボックスにチェックを入れたら「Next」をクリック。

Unityのインストール設定で作成したいプラットフォームを選ぶ

ここで「Android Build Support」と「iOS Build Support」にチェックをいれて「Next」をクリックします。

要するに作成したいアプリのプラットフォームがスマホだからですね。

他に作りたいプラットフォームがある場合は、適宜チェックをいれるようにしてください。

Visual Studio2017はインストールしなくてもいいですが、Unityと連携できUnity開発用のコンポーネントがインストールされるので一応チェックを入れておきます。

Unityのインストール設定で保存先を指定する

上のチェックはデフォルトのままで、保存先を変更したい場合「Browse…」から指定しましょう。

内容を確認したら「Next」をクリック。

Unityのインストール設定でVisualStudio2017のライセンスを確認する

Visual Studio 2017のライセンスの同意を求められるので内容を確認しチェックボックスにチェックを入れ「Next」をクリックします。

インストールには容量が大きいのでしばらく時間がかかるかもしれません。

ゆっくり待ちましょう。

Unityのインストールを再起動した完了する

Unityのインストールを完了するには再起動する必要があります。

すぐに再起動する場合は「Reboot now」、後で再起動する場合は「I want to manually reboot later」にチェックを入れ「Finish」をクリックしましょう。

Unityのアカウントを作成する

インストールが完了すると、Windowsの場合デスクトップにUnityのショートカットが作成されていると思います。

まずは作成されたUnityアイコンを起動しましょう。

Unityアカウントを作成する

Create oneをクリックしてアカウントを作成していきます。

Unityアカウントの作成2

Email:メールアドレス

Password:パスワード

Username:ニックネームのようなものです。

Fullname:フルネーム

を入力し、利用規約を確認したらチェックボックスにチェックを入れます。

内容を確認して「Create a Unity ID」をクリックします。

次のページで「Continue」をクリック。

入力したメールアドレスに、アカウント登録の確認メールが送信されます。

作成したアカウントでサインインする

アカウントが作成できたら、登録したメールアドレスとパスワードを入力してさっそくログインしてみましょう。

Unityに作成したアカウントでサインインする

メールアドレスとパスワードをそれぞれ入力して「Sign In」クリックします。

無事にログインできたらUnityを一旦閉じておきましょう。

これでUnityのインストール作業は完了です。

今後実際にゲームを作っていくことになるのですが、もう少し準備しないといけない作業があります。

作成したゲームを動かすだけならこれだけで十分ですが、メインとなるスマホで動かすには更に別の専用ツールが必要になってきます。

Unityの環境を整えてさっそくゲームを作ろう!!と張り切っていきたいところなんですが、もう少し下準備しなければなりませんのでまずは...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク