「Windowsセキュリティシステムが破損しています」の対策

GoogleChromeで普段のようにネットサーフィンをしていると、なにやら奇妙なページに飛ばされました。

それが次の画像です。

「windowsセキュリティシステムが破損しています」という詐欺メッセージ画面

!?

まあ最初は確かにビックリしましたが、冷静に内容を確認すると、完全に偽物の警告だということが分かりました。

おそらく某掲示板を見ていた時にこの画面に飛ばされたはずですが、このような危険性の低そうな普通のページからでも表示されることがあるんですかね~。

何も問題なさそうなwebサイトからジャンプする訳ですから、怪しげのサイトはますます危険がたくさん潜んでいるわけですね。

今回表示された偽警告は上のような画面でしたが、音が鳴るものなどこの手の詐欺メッセージはたくさんの種類があります。巧妙に騙しにかかってきますが、くれぐれも引っかからないようにしましょう。

「Windowsセキュリティシステムが破損しています」と表示された際の対処法【Google Chrome編】

とりあえず画面を閉じればOK

初めて表示された方はビックリするかもしれませんがとりあえず落ち着きましょう。この画面が表示された段階では、特にウィルスに感染しているなんてことはありませんので。

落ち着いたところで、ブラウザを閉じるために右上の「×」をクリックするか、「タスクマネージャー」を開いてブラウザを閉じるようにします。

タスクマネージャーを使う状況としては、ウィンドウを閉じれない場合があります。クリックしてもブラウザが閉じれない状態ですね。こういった場合はタスクマネージャーを使って閉じるようにします。

タスクマネージャーを起動する場合は「Ctrl」+「Alt」+「Detele」キーを同時に押しましょう。

タスクマネージャー

「プロセス」タブから起動してあるブラウザを右クリックして、「タスクの終了」をクリックします。

これで、ブラウザが強制的に閉じると思います。

僕の場合はタスクマネージャーを開くことなく閉じることが出来たので、閉じる事にはあまり苦労することはないと思います。

万が一ですが、パソコンがフリーズしてうんともすんとも動かなくなってしまった場合は、やむを得ないので電源をOFFにしてください。

くれぐれも偽警告ですので、画面に従って「更新」をクリックしないようにしましょう。

キャッシュを削除しておく

偽広告が表示された時点で、閲覧履歴に偽警告のURLが残りますので、一応キャッシュを削除しておきます。

GoogleChromeでキャッシュの削除方法

右上の「…」から「その他のツール」、「閲覧履歴を消去」と進みます。

GoogleChromeでキャッシュを削除する

「閲覧履歴」と「キャッシュされた画像とファイル」を選択して「データを消去」をクリックすればOKです。

まとめ

今回は「Windowsセキュリティシステムが破損しています」という表示に関する対策について紹介しました。

この手の詐欺メッセージが表示された場合は、とにかく焦らないことです。「慌てない慌てない、一休み一休み」です。

まあ確かに他にも様々なパターンの詐欺メッセージが存在しますが、とにかくメッセージに従わないことが第一です。

とにかく閉じる事を考えて、冷静に対応するようにしましょう。

どうしても気になる場合はウイルス対策ソフトなどでスキャンするもありですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク