WordPress5.0の新エディタに慣れるまで苦労するかもしれない

久々のアップデートで、ワクワクしていたんですがアップデート後の新しいエディタが思った以上に使いにくそうなんですよね。

まあ使いやすさなんて言い出したら十人十色なわけで、新しいエディタ派と古いエディタ派で分かれるとは思いますけどね。

僕の個人的な意見としては、初心者にはかなり使いにくそうな雰囲気があります。もちろん慣れれば便利なエディタなんでしょうけど。

今回は、新しいエディタであるGutenbergを使ってみた感想についてお伝えしたいと思います。

WordPress5.0の編集画面について

Wordpress5.0の新しいエディタGutenbergの画面

新規作成を選択するとこのような画面になります。以前のエディタと比べるとまるっきりデザインが異なります。良い言い方をすれば、とてもシンプルになったと言えますかね。

タイトルを追加すると、同時に追加した文字がパーマリンクにも自動的に追加されるようになっています。もちろん、編集ボタンから好きなパーマリンクを指定することが出来ますのでここは大した問題ではなかったです。

プレビューで確認する作業が増えそうな予感

タイトルの入力が終わり本文に取り掛かった矢先ちょっとした違和感を感じました。

Gutenbergで本文入力

あれ?一文の長さが短くなっている?

実際にどのように表示されるのかはプレビューで確認できるのでさっそく確認してみることに。

Wordpressのプレビュー

やはり、編集画面とプレビューで一文として表示される文字数が違うようですね。書くだけ書いて後でプレビューしてみたらとても読みにくい文章になっている可能性がありますね。

これは、頻繁に確認しながら作業を進めていく必要があるかもしれません。個人的にエディタとプレビューの文字数は統一されていたほうが効率良さそうなんですけどね。

文字数どこ!?

ある程度文章を書いていて気づいたんですが・・・。これまでに書いた文字数が表示されていないんです。

旧エディタの場合、左下の方にリアルタイムで文字数が表示されていましたよね!?これがないと何文字書いたのか分からないじゃないですか~!

色々いじってみたけど文字数を確認できませんでした。毎回文字数をチェックするツールを使って調べるのは避けて通りたい道なんですけどね。

文字数が表示されないのは、なんか変なプレッシャーを感じてしまいます。

頻繁に登場する見出しは比較的簡単に使える

ブログを書く上で絶対に使うであろう見出しですが、本文を入力するコメント欄の右にある「T」をクリックする事で見出しを付けることが出来ます。

Gutenbergで見出しを追加する

上の画像の赤枠のボタンですね。クリックすると良く使う「H2」タグの見出しがデフォルトで設定されます。「H2」や「H3」にもクリック1つで簡単に変更できるのでコレに関しては使い勝手は悪くないと思いました。

文字に好きな色や背景を簡単に設定できる

Gutenbergで文字に色や背景を付ける

右の色設定から文字色や背景の色を変更することが出来ます。書式がある程度用意されており、自分で好きな色を編集して作る事も出来るようです。

ただ、気になったのがブロック(段落)毎じゃないと変更できない点です。特定の文字だけを赤文字にしたい場合どうすりゃいいんでしょうね・・・。

この編集画面を操作しているとやたらブロックという文字を目にするんですけど、ブロック推しのエディタなんですかね?

Gutenbergでクラシック版のエディタを使う

一応クラシック版が用意されているので、一文字だけとか特定の文字の色や背景を変えたい場合はクラシック版で変更しましょう。

左上の「+」アイコンからクラシックを選ぶか、本文入力時の右側にあるキーボードアイコンをクリックすればOKです。

画像のアップロードについて

旧エディタでは、ライブラリに画像をアップロードしてからブログ内に貼り付ける事が多かったと思います。新エディタでは画像の貼り付け方について何パターンかあるようですね。

Gutenbergで画像をアップロードする

本文の右にある写真アイコンから画像のアップロード方法を選択できます。

アップロードをクリックすると、直接ブログ内に画像を貼り付ける事が可能です。メディアライブラリは以前と同じで、ライブラリの中から画像を選んで貼り付ける形になります。

URLから挿入する事も出来るので、好きな方法でアップロードすれば良いと思います。

左上「+」のブロックアイコンから一般ブロック内にある画像をクリックしても上記画像が表示されるようになっています。

新しい点として、画像の下にキャプションを入力できるようになりました。どういった画像なのか文章も交えたい場合は是非使うようにしましょう。

コンテンツの構造が確認できる

Gutenbergでコンテンツの構造を確認する

左上に気になるアイコンを発見。この「i」アイコンをクリックすると、文書の概要が表示されました。

これ個人的にすごく便利な機能だと思いました。見出しや段落の数を見れる上に見出しタグの構造をチェックできます。特に見出しについては正しく設定されているのか一目瞭然なので文章が長くなった場合に使えそうですね。

ついでに文字数もに表示してくれればありがたいんですけどねw何故かそこまでは教えてくれない!

画面全体を使いたい場合はフルスクリーンモードにする

僕の使っているパソコンの画面が小さい事もあり、画面全体を使いたいと思っていました。

Gutenbergで編集画面を変更する

右上の「ツールと設定をさらに表示」アイコンから画面のサイズを変更できます。フルスクリーンモードにすれば、編集画面のみを表示させることが出来ます。

余計なものを視野に入れたくない場合などに使うようにする機能のようですね。流石にクロームのタブまでは隠せませんけどね!

Youtubeの動画やツイートの埋め込み等が豊富

GutenbergでSNSをブログに埋め込む

僕はあまり使う機会はありませんが、youtubeの動画などの埋め込みが簡単に出来るみたいです。

SNSの種類も豊富で、正直聞いたこともないようなサービスもたくさんありました。SNSの動画を貼り付ける事で苦労することはないようです。

AddQuicktagに登録しておいたタグはどこ!?

AddQuicktagは黄色マーカーなど作成したタグを簡単に呼び出す為のプラグインですが、どこを探しても見つからないんです!

作業の効率を高める上で必需品なのですが、このエディタでは使えないんでしょうかね・・・?

クラシック版に、ある程度装飾機能があるのでとりあえずこちらを利用するようにしてみます。

機能が多すぎて初心者には逆に使いにくいかも

左上のメニューの中を見てもらえば分かると思いますが、こんなものまで使うのか?といった機能もあるように感じました。

逆に言えば、必要最低限の機能は確実に揃っているので使いこなせるようになればこちらのエディタで問題ないと思います。

カテゴリーの表示や、ブログの投稿の仕方などは特に難しくなっているわけでもありませんしね。本来なら新しいものに適応出来た方が良いでしょう。

アップデートしたけど、どうしても慣れない!使いこなせないと感じる場合は、元のエディターに戻す事も可能です。

「Classic Editor」というプラグインが以前のエディタになるので、元に戻したい場合はインストールして有効化すればOK。

僕の場合ですが、初めてこのエディタで作業したこともあり、この記事を作成するのに何回プレビューボタンを押したことか分かりません。実際にどう表示されるのかが大事ですからね!

それら以外でも試行錯誤した分作業時間が伸びてしまいましたが、複雑な機能を使わない僕としては、これからも新しいエディタを使ってみようと思いました。

プラグインとの兼ね合いについては、妥協しないといけない点もあるかもしれませんね。個人的にはどうしても文字数が気になるけど!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク